• [0]
  • 店頭でシンセを試奏するときなにを弾くか

  • 投稿者:管理者
 
清和さんは、先日試奏の兄ちゃんをコン畜生と思ったとのことで、じゃ何を弾くよ?ということが気になった矢先、Produkt Voxさんは『ドしか押してないかも』とな。非常に興味深い展開になりそうなので、今回はこれをお題としたいと思います。さて、この娘、どんな声で鳴くのかなというときに、どこから脱がしますか(をい>自分)。私の場合は、バンドを一生懸命やっていた学生時代~社会人初頭のころに覚えたものがいまだに手癖みたいになっています。

1) ブラス
『In the Dead of Night』(UK)イントロ。ポイントは、立場をわきまえながらも目立つ音色。キーボードってロックであんまり目立ちすぎるとかっこよくない。ここ一番でバシッと出て、スッと引っ込むのが美学。同じセッティングのまま前に出られて、音量やブリリアンスを少しさげただけでそのままバッキングに移れるかどうか、カットオフやレゾナンスをチビチビいじりながら、弾きつづける。

2) メロトロンっぽいストリングス
『Starless』(King Crimson)のイントロで、どれだけ哀しくなれるか。一周弾いてみて『つくりもの』っぽい感じが鼻につくようなら、やめちゃうけれども、はまればずーっと弾いてる。

3) ソリーナっぽいストリングス
決った曲はありませんが、11thが入ったオープンボイシングを白玉でひや~ッ、ひや~ッと弾いてみる。ポリシックスよりも太いだろうか、どうだろうか、という耳で比べてしまう。

4) ハモンド系オルガン
『Karn Evil #9』(ELP)のイントロや要所要所のオルガンリフ。やっぱりCX-3だよ、今持ってる奴で十分じゃないか、変な気を起こすなよな、と右肩で天使がささやくまで弾きつづける。

5)クラビ
『Asayake』(Casiopea)のBメロ部分。もういよいよ手癖。20年弾いてると、体がこのパターン以外のパラディドルをなかなか受け付けてくれないというのがわかって、がっくりすることがある。

6) ローズピアノ
『Cape Light』(The Square)のイントロ。私にとってローズピアノの音は、スクエアの和泉さんか、ヴァンゲリスかというぐらい、あんまりローズピアノネタを持ってないです。そんなに言うほどフュージョンとかジャズとか詳しくないし。でも、カリンコリンのローズピアノの音の曲をかけてたら、気持ちよくて何もしたくなくなる。

7) 生ピアノ
決った曲はなくて、Let it Be風な4つ打ちで、C→Am→Fmaj7→E/G#→Am→Am/G→Fmaj7→Am/G→E/G#..,,と弾いたりしてます。ピアノで伴奏らしい伴奏のスタイルを覚えたのはLet It Be なので、あれが気持ちよく弾けるかどうか、が基準になってます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [3]
  • 楽器屋さんで弾きまくっている人を見ると退きます

  • 投稿者:tez
  • 投稿日:2008年 3月30日(日)21時35分29秒
  • 返信
 
う~ん、何が弾けるかというと、演奏技術の無さを暴露してしまいますが

1.弦をはじく音(琴)
「インソムニア」のメロディー。ピッチベンドでちょっと工夫する。
 琴を演奏する方は左手でピッチを調整していると想像しながら。
「千のナイフ」(サビ?Bメロ?)も捨てがたい・・・・。

2.金属的電気ピアノ(ローズ)
 ステレオのトレモロが効いている場合はさらに嬉しい。
 硬派に構える時はピンクフロイド「シープ」イントロ。
 軟派な感じでは松任谷由美で「ノーサイド」(恥)

3.太いシンセベース(アナログライクな)
 YMOなら何でも良いと思うのですが、ベースラインとして好きな旋律は
「ソリッドステートサバイバー」。
 しかし、ちょっと恥ずかしい時は「中国女」か「ナイスエイジ」に
 変えたりします。

4.ブラスアンサンブル(大編成)
「序曲祝典」・・・・・って、ほんとに吹奏楽曲です。
 アタックタイムが短い時には主題から、アタックタイムが長い時は
 中間旋律部分。
 って、知っている人居たら教えてください。

5.生ピアノ
 一番難しい。下手な曲を弾くと、ピアノを本当にやっている人から
 笑われてしまいそうなので、高い音とか低い音をいろんなベロシティで
 カンカンと叩くだけにしておく。16分音符で2音ぐらい「カ・カン」って
 弾いて残響音のシミュレートとかベロシティスイッチの掛かりだけ確認。
 無意味に低音から順に高音まで半音ずつ弾いたりして弾けるフリをする。

6.エレクトリニックオルガン(ハモンドのような)
 またまたピンクフロイドで「イン ザ フレッシュ」。
 慣れないグリッスアンドとかをすると指が痛くなるのでおとなしく弾く。

7.レゾナンスを掛けられるポリフォニックシンセ音
 って、そんな音色名は特定できないのですが、自己発振する直前もしくは
 ちょっと発振しているぐらいの掛かり具合だと、「音楽の計画」
 原曲に遠いかもしれないけど、「JUNO-6」のこの音は大好き。
 初めてD-50を手に入れた時、TVFが自己発振しない事を知り、ショックで
 眠れないほどだった・・・・(遠い目)

 ・・・・。すいません。かなり偏りあります。>わし

  • [2]
  • Re: 試奏物語

  • 投稿者:藤原文太
  • 投稿日:2008年 3月29日(土)23時13分29秒
  • 返信
 
 う~ん、ボクの場合はね、キミとはちょっと違うんだけどね、P.C.M.キーボードの音には余り関心がないんですが、歯槽する場合は出来るだけPIANOの音を聞いてみます。

 何を弾くか・・・・大体LA FEMME CHINOISEのメロです。理由?解りません。

  • [1]
  • 試奏物語

  • 投稿者:sunday
  • 投稿日:2008年 3月22日(土)07時50分32秒
  • 返信
 
こりゃまた面白そうなテーマですな~

自分がシンセを試奏する場合、ストリングス、ピアノ、ベースの順で、
時間があればブラスやボイスもチェックしますが、
とにかくストリングスですよ。ストリングス良ければ全て良し(極論か!?)
ストリングスで取りあえずFM7のコードを抑えるクセがあります。
自分的には、これが感覚的に一番、そのシンセの特徴が素早く分かるのです。
ほら~ わたくしの作品 FM7から始まる曲が多いでしょう~(誰も知らね~よ:笑)

ピアノはもう戦メリのイントロで決まりです。
このイントロ部だけは少し自信がありまして、
何せ、楽器屋さんの店頭での試奏用に練習した曲ですから(何かが哀しい)
でも、主旋律が始まる部分で終了となります(何かが間違ってる)

ベースはある意味、わたくしのような演奏テクの無いシンセシストが、
一番本領を発揮できる音色だと思ってます。
わたくしの秘技!両手中指だけを使用したスズメがチュンチュン弾きが出来ますから(爆)
オクターブを上げるだけで、すぐにシンセリード風な音色になるのも助かります。
シンセの醍醐味、ベンダーやビブラートをすぐにチェック出来ますからね。

☆ミナミ・ヨシタカさんのモンローウォークって曲 知ってます。
シンセベースの音色をチェックする時、何故かあのベースラインを弾くクセがあります。
スズメがチュンチュン弾きで もうごきげんです(笑)
だからって ♪つまさき立てて海へ~ とは歌い出しませんよ。


レンタル掲示板