teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年 2月16日(土)20時33分55秒
  寒さが少しゆるんでいます。
すでに花粉症がはじまっている方もいるようです。
本日は股関節に鈍痛があって、少々ひざが固まりがちでした。

稽古中、「足運びや腰構えが悪いと、胴が長くなったように感じる」と申しましたが、それは肩先で剣を振るうような遅い操刀の感覚のことです。
ちなみに、手裏剣もしかり。

さて、来週も十手をやりましょう。
 
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年 2月 9日(土)21時40分29秒
  大雪の予想でしたが大したこともなく、いつもどおりに稽古場へ到着。
ただし、いつもより冷え込んだため、暖かい電車の中では何度も寝てしまい、危うく寝過ごすところでした。

さて、本日は中太刀を細かくやりました。
できている点とそうでない点がチェックできたと思います。

来週も十手をやりましょう。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年 2月 2日(土)22時44分52秒
  自主稽古では、手裏剣型の六本目がなかなか決まりませんでしたが、左(引き)足を引かずに「ただ腰を沈めるだけ」という意識で足を入れかえたところ、うまく調子が合いました。
なるほど。

さて、居合では「無足」に関する誤解をレクチャーしました。
あらゆる運動の基本は足腰にあります。
ですから、足腰を無にする……足腰を使わない……武技などまず存在しません。
無足とは、足の働きに逆らわない上体の働き(上半身と下半身の一致)の意味と理解するべきです。

それをちゃんとわかっている気配を実感。

***

来週も十手をやりましょう。
中太刀は、そろそろ早遣いも交えたいです。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年 1月26日(土)22時49分34秒
  本日は総ざらい。
十手の型の順番がなかなか思い出せませんでした。

ところで、「この世に絶対というものは絶対ない」という父の矛盾した説教に触発されて……「その矛盾を煎じ詰めれば、絶対はあるということか?!」と思い立って幾星霜。
型という絶対的なものを探究する古流武術に精進して参りましたが……このところ、またよくわからなくなってきました。
しかし今後とも、絶対という矛盾を見すえていく所存です。

***

来月は十手をやります。
どうぞよろしく。
 

やました

 投稿者:本日の研武塾。  投稿日:2019年 1月19日(土)23時18分48秒
  本稽古前の打剣練習では、六本目における座打の後ろ左足に留意しました。
右前足同様、足首とヒザの柔軟性がいかに大事かを再認識。

稽古後は遅ればせながらの新年会でした。
古武術に関する色いろな情報を耳にして、たいへんに触発されました。

来週は居合以外の総ざらいをしましょう。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年 1月12日(土)20時45分21秒
  初雪がありましたが、さほどかじかむことなく稽古にはげめました。

さて、居合は半身の腰構えを保持し続けることが要諦。
棒術は、棒という長い道具を手ではなく、足(身の入れかえ)で送ることが大事です。

そのあたりが、型として体をなしてきた気がします。

来週も棒をやりましょう。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年 1月 5日(土)21時05分9秒
  寝正月のおかげで、本日の稽古ではスタミナ切れがありませんでした。

今日は居合をみっちりやれた気がします。
なお棒術は、とりあえず型の手順をおさらいしながら、ポイントを整理して参りましょう。

さて、本年も何卒よろしくお願い申しあげます。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2018年12月29日(土)21時20分19秒
  このところ、抜きつけた太刀の切先が定まらぬ不具合を払拭できずにいました。
が、背中の働き(肩甲骨の送り)がおろそかになっていることに気づき、おかげでスッキリ。

さて、今年もつつがなく稽古を終えることができました。
今日はみな、半身の構えがよくとれていたと思います。

なお来年は棒術からスタートしましょう。
では、どうぞよいお年をお迎えください。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2018年12月22日(土)22時02分36秒
  本日は、剣術、居合ともに丁寧な稽古ができてよかったと思います。

足運びに関しては「腰が回らぬように」と注意することが多いのですが、今回は「左右の足を送るごとにヘソの向きが変わらぬように」と言葉を変えてレクチャーしました。
とにかく、足首やひざをやわらかく使ったバランスをくずさぬ移動……つまり、体を左右にゆすらない歩法が肝要であります。
このあたりの感覚は、手裏剣または居合を磨きあげていくとハッキリしてくるでしょう。

さて、来週は今年最後の稽古です。
居合以外の総ざらいをしましょう。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2018年12月15日(土)21時30分36秒
  本日は、手裏剣型6本目で少し手間取りました。

さて本稽古では、各論(断片的な理論)の寄せ集めは……いかに一つひとつが正しくとも……ピカソの絵のごとき異形となりやすいことを注意しました。

型稽古は形が命。
命ある形は切り刻むと死んでしまいます。

そろそろ全体的にイメージするまたは理解することを心がけて、稽古の質をあげていほしいと思います。

来週も小太刀をやりましょう。
 

レンタル掲示板
/101