teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2020年 1月18日(土)22時00分19秒
  本日は雪がチラついていましたが、それほどの冷え込みを感じませんでした。
とはいえ、指先がかじかみやすい冬場は、手裏剣が思わぬところへ滑りがちです。
近間からの打剣でウォーミングアップをしつつ、調子を整えました。

さて居合の稽古では、目ざましい進展が見られました。
文句のつけようのない二本目を幾度か拝見。

師匠をのぞき……あれほど完璧な型を見せられたのは初めてです。
切先が10センチ以上鞘の中に残っている剣を、そのままヒョイと腰へ引きつけて鞘を割らない、あの不思議な太刀さばきを間近に見たのは、10年ぶり、いやそれ以上。

しかし、数回に一回抜けるだけでは「(武)術」といえないでしょう。
今回の稽古イメージを、ひたすら追求してほしいと思います。
この先が本当の「型稽古」なのです。

***

なお、来週は総ざらい。
居合刀のご準備もお願いします。
 
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2020年 1月11日(土)22時37分51秒
  二日酔いでした。
フワフワした気分ながらも、居合では久しぶりに真剣で稽古。
剣が軽く感じられました。

さて、来週も棒をやりましょう。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2020年 1月 4日(土)20時19分55秒
  稽古はじめは手裏剣の自主稽古からでした。
打剣が固く、剣がやや立ち気味。
本稽古の中太刀では、受太刀を総チェックしました。
棒術は非常によかったです。

来週も棒をやりましょう。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年12月28日(土)21時04分37秒
  本日は総ざらいでした。

居合では腰が固まってからの鞘引をレクチャー。
腰が固まる(腰構えが定まる)とは、姿勢が定まることを意味します。
つまり、腰がおちないうちに鞘引いたり、発剣するのは、不安定な体勢からの動作となるわけです。

ともあれ、今年もつつがなく稽古を終えました。
どうぞよいお年をお迎えください。

来年は棒からスタートします。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年12月21日(土)21時01分51秒
  十手でヒザをついて受ける型の際は、そこからの立ちあがり方で相手を崩す技がほとんどです。
腕の力ではなくて、立ち方(腰構え)でさばくというところがポイント。

なお、居合は、何と錐付が上手にいっているように見受けました。

さて、来週の稽古納めは総ざらいをしましょう。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年12月14日(土)20時39分35秒
  今日は思ったより暖かで、稽古もはかどりました。
中太刀、居合がなかなかよかったと思います。

来週も十手をがんばりましょう。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年12月 7日(土)22時46分40秒
  今日はどうも疲れっぽく、注意力も散漫でした。
なお、今月の稽古を「棒術」としましたが、順番からすると「十手」だとの指摘を受けました。
たいへん申し訳ございません。

というワケで、来週も十手です。
 

本日の研武塾

 投稿者:やました  投稿日:2019年11月30日(土)20時56分13秒
  本日も打剣が下に落ちぎみで、肩先の手ぶりが強いことを自戒しました。

総ざらいとなる本稽古では、中太刀、小太刀、十手、棒、居合をやりましたが、まだ手順があやふやな型があるようです。
型はくり返しておぼえるしかないのですが、おぼえの良し悪しにはやはり個人差があります。
当道場には、手順をおぼえることが苦手な方が多いようです。
しかし、その苦手な型稽古にあえてのぞまれている姿を拝見するにつけ、「たいしたご意欲だなぁ」と深く感心。

手順はシンプルながらも、かなり難解な動きをするのでおぼえるのが大変でしょう。
しかし……カラダのトレーニングはもちろん……アタマの体操にも効果的かも知れません。

さて、来月は棒をやります。
 

本日の研武塾

 投稿者:やました  投稿日:2019年11月23日(土)20時59分27秒
  本日は打剣の調子がよかったので、左手打ちにも挑戦しました。
思った以上にムチャクチャだったので、何だかとても疲れました。

さて、剣術では中太刀の受けを重点的に稽古し、居合では両胸を大きく使った剣の送りを課題としました。
とりあえず居合とは、「鞘から剣を引っこ抜きながら振り回す」術ではありません。
「正しく鞘を払う」術が居合であり、「正しく鞘を払った姿勢が剣の扱いを自由にする」という認識でのぞむといいでしょう。

さて、来週は総ざらいをしましょう。
 

本日の研武塾。

 投稿者:やました  投稿日:2019年11月16日(土)21時12分39秒
  手裏剣の六本目が不調でしたが、打剣は比較的澄んでいた気がします。

さて本稽古では、久しぶりに十手もやりました。
受太刀の連続攻撃は、剣が十手のカギにかからぬような引き戻しで成立します。
そのあたりは、小太刀も同じ。

来週も小太刀をやりましょう。
 

レンタル掲示板
/106